エアラインラブ

現役CA&元CA&ANA社員がお届けするCA美容&お得なトラベル情報

日本で着陸の難しい空港はどこ?現役パイロットに聞いてみた

文字数 1454字

ナレーション4分32秒

https://15.gigafile.nu/0604-dd8822d3d47fe1568b0f59c7d4120f225

                   

                   修正部分    https://25.gigafile.nu/0606-c304075aaed9ffc1d8238c567de050660

 

 

サムネ案:今回は特に英語にこだわらなくてもいいかもしれませんね。

      

 動画編集者さんへ

()になっている、こちらの色の部分は字幕にしないでください

こちらが編集者さんに伝えたいことやテロップ、動画の編集で参考にしてほしいURLなどは

この色で文字サイズを変え、右端に記載しております。また、右端にある番号は使用してほしい写真(絶対ではない)の番号になります。

 

参考資料

松本空港 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E7%A9%BA%E6%B8%AF

Fedex80便事故

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B980%E4%BE%BF%E7%9D%80%E9%99%B8%E5%A4%B1%E6%95%97%E4%BA%8B%E6%95%85

 

画像①

日本には、官民合わせて100以上もの空港があります。当然、離着陸するパイロットにとっては、離着陸のしやすい空港としにくい空港があります。今回は、その中でもパイロットから着陸が難しいと言われている空港とその理由を紹介していきます。

画像②

着陸が難しい空港というと、どんな空港をイメージするでしょうか。空港には滑走路が短い、狭い、天気が悪いことが多いなど場所や地形に伴う問題があります。しかし実際には、意外だと思うような要因が入っている空港も多いのです。

 

画像③

①長野県 松本空港

 

日本で一番標高の高い場所にある松本空港は、パイロットの間で着陸が難しい空港と言われています。その理由は、パイロットが空港に着陸をする際の設備にあります。松本空港は飛行機が正しい着陸コースに乗っていることを示してくれる電波(ILS)は設定されていません。そのため、パイロットは目視による着陸をしなければいけません。2020年にRNAV(アールナブ)が設定され、誘導設備は改善されたもののそれでもパイロットの腕にかかっている部分があります。

画像④

さらに空港そのものが三方を山に囲まれた場所にあり、盆地内で旋回をする必要があります。西側に北アルプス、南に南アルプスと3000m級の山に囲まれているため、旋回範囲が狭く、さらに盆地独特の風や霧といった気象条件の悪さも合って着陸が難しいと言われています。

 

画像⑤

 

②千葉県 成田空港(新東京国際空港

 

日本を代表する国際空港ですが、パイロットの間では着陸しにくい空港と言われています。その理由は、2つあります。

 

1つ目は、台地の上に建設されているため、周囲からの風が巻き上がり、さらに上がった風が下がるウィンドシアという現象が起きやすくなります。着陸中の飛行機は、上からの風に非常に弱く、最悪の場合、滑走路に叩きつけられるような状態になります。

画像⑥

実際、2009年にはFedEx(ふぇでらるえきすぷれす)のMD11(えむでぃーいれぶん)が着陸時に事故を起こし、2名が亡くなっています。

画像⑦

もう1つの理由がパイロットの疲労です。国内線では長くても3時間程度のフライトですが、国際線の場合10時間を超えるようなフライトも多くなります。

 

成田空港の場合、長距離国際線がメインの空港なので、長時間フライトと時差ボケなどによって乗務員の疲労がピークに達した状態で着陸を迎えます。乗務員も交代制を採用していますが、それでも精神的な疲労感は大きく、そんなに着陸が難しくない空港でも体感的に難しくなります。

画像⑧



③東京都 羽田空港東京国際空港

 

こちらも大きな空港ですし、着陸に関する計器や設備も整っているので、ここだけ見ると難しそうな感じはしないかもしれません。しかし、羽田の場合、日本で一番混雑した空港であることが乗務員の緊張感と疲労感を生み出し、難しく感じさせます。

画像⑨

羽田空港の難しさは、着陸の20分前ほどから始まります。日本各地から羽田空港に向けて飛行機が飛んでくるため、これらの飛行機が着陸コースに乗る前に時間調整や高度の調整が始まります。

 

アプローチを担当している管制官からは次々に指示が飛んでくるので、パイロットは聞き漏らさないように最新の注意を払い、飛行機の高度や速度をコントロールします。

画像⑩

特に北海道、東北方面などの北側から進入する場合には、茨木空港、成田空港、そして横田基地への離着陸機にも注意をしながら降下しなければいけません。

 

さらに羽田空港では、滑走路の配置とターミナルの配置の関係から航空機同士が低高度で交差するケースもあります。注意することの多さが羽田空港の着陸を難しくしている要因です。

 

Youtube概要

数ある日本の空港には着陸が難しいと言われている空港があります。

その空港を国際線の経験が長い現職パイロットに挙げてもらいました。

 

画像①

 

画像②

 

画像③

 

画像④

 

画像⑤

画像⑥ 903230214061459.jpg (800×533) (epochtimes.com)



画像⑦

 

画像⑧

 

画像⑨



画像⑩